開発について

  • HOME
  • 開発について

海外ワイナリー取引国一覧

海外ワイナリー取引国一覧

ワイン原料を直輸入して日本の品質基準に合わせてボトリングします。

ワインを24000L/コンテナ(750ml・12入で約2660cs分)で取扱い、輸入を行っています。製品輸入の1100cs/コンテナ程度に比べ、輸送効率が高く、瓶などの重量物を国内調達できることも合わせて、CO2の排出の削減効果があります。今後より一層重要となる低環境負荷の輸送方法です。

ワイン原液の輸入について
ワイン原液は24000L単位で海外から輸送しています。現在では技術の進歩により、現地ワイナリー出荷時とほとんど変わらぬ品質のまま当社の工場まで輸送することが可能になっています。このワイン原液を国内でボトリングすることで、よりフレッシュな製品をお届けすることができます。
ワイン原液の輸入について

取引実績国多数!海外ワイナリーとの太いパイプを生かして最適なご提案をします。

自由貿易協定の国であるチリ、オーストラリアを中心として、ワインの本場であるヨーロッパはフランスのボルドーやブルゴーニュを始め、スペイン、イタリア、場所を移して特恵高品質ワインを産出する南アフリカ共和国など様々な種類の原産国ワインを取り扱う。資材・包材もワイン文化の発祥・発展国の欧州企業とも直接取引。時には留型資材の開発も行います。

取引国一覧
チリ、オーストラリア、フランス、イタリア、スペイン、南アフリカ共和国、アメリカ、ドイツ、台湾
取引国一覧